商品詳細アルバイトよりネオニート?

「ネオニート」ってご存じですか?

2005年5月にとあるテレビ番組で紹介された、株のみで生活する青年にネオニートと名付けられました。

ネオニートは新しい言葉なので定義もはっきりとしていませんが、ここでは定職もアルバイトもせず暮らしを立てていく人をネオニートとします。



ネオニートはデイトレードやFXなどで主に収入を得ています。

これらはうまくやればアルバイトよりも莫大な収入を得ることができます。

これだけ聞くとアルバイトなんかしてるよりネオニートの方がずっと楽でいい!と思うかもしれません。

しかし、そんなネオニートは一握りしかいません。



インターネットで「ネオニート」と検索すると、ネオニートとして暮らしている人たちのブログなどが沢山でてきます。

そのブログの大半にはネオニートはアルバイトなんかよりずっと儲かる!的なことが書いてあります。

実際、ネオニートは親よりも儲かりますよ、ということを書いた本が話題になりました。

では実際に、ネオニートとして生きていくことはできるのでしょうか?



定職はもちろんアルバイトすらしないでお金を稼ぐということは実際にできそうな気はします。

株も始めるにも今はある程度の元手があれば始めやすくなっています。

外に一歩も出ずにパソコンだけで取引を繰り返すこともできます。

しかし、その元手はどうやって用意するのでしょう?

もともとニートとして生きてきたのなら、元手くらいのお金は親にねだればどうにかしてくれるでしょう。

しかし、株などを始めてネオニートとして成功する保障はどこにもありませので、元手くらいはアルバイトで稼ぐ方が無難でしょう。

その気になれば、短期アルバイトで元手くらいはすぐに稼げます。

ある程度溜まってから投資に挑戦すれば、誰にも迷惑をかけずに、ネオニートになることができます。

もし失敗して元手がゼロになっても、またアルバイトをすればいいのです。



ネオニートになるための少しのアルバイトもイヤだと言うなら、何年かかるか分らないですがネット内職で少しづつ稼ぐしかないでしょう。



アフィリエイトなら元手ほぼゼロで稼ぐこともできます。

しかし、その場合はアルバイト以上の努力が必要になります。

ネオニートになるからといって、すべてが楽なわけではありませんし、多少なりとも努力は必要です。

また、人によってはネオニートよりも普通にアルバイトをする方があっている方もいるでしょう。

ネオニートになるのも結構ですが、実際に楽して稼げる手段などないことを心得ておきましょう。

TOPPAGE  TOP